FC2ブログ
 
■プロフィール

fukuikentougeikan

Author:fukuikentougeikan
福井県越前町にある越前焼のふるさと越前陶芸村。
広大な公園は自然がいっぱいで、日ごろの忙しさを忘れてのんびりリフレッシュできる場所です。

自分のリズムで土と会話してみましょう。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
にっしーのてくてく「六古窯の原点と未来」展
今日の陶芸村は雨がしとしと
昨日はとってもきれいな青空だったのに。
これから冬に向けて、福井はほぼ毎日どんより空が続きます
北陸は全国の中でも日照時間が短いって言いますが、確かに冬の間はほとんど太陽を見ることはないですからね・・・。

さてさてこんな雨を吹き飛ばす気持ちで、今日もにっしーてくてく始まります
今回は越前陶芸村文化交流会館で11/28から開催されている展示会
「六古窯の原点と未来」を見に行ってきました
IMG_1031.jpg

IMG_1033.jpg

今回の展示は2017年4月に越前焼を含む日本六古窯が日本遺産に認定された記念の特別巡回展です。

日本六古窯とは中世から続く「備前焼・越前焼・瀬戸焼・常滑焼・丹波焼・信楽焼」の六つのやきもの産地のことを言います。
今回は日本古来からの技術を継承し、今も連綿とやきもの作りが続く六産地の町が日本遺産に認定されました。
日本遺産認定についてはこちらをご覧ください!

会館のクレイホールにて開催されている今回の展示はそれぞれの産地ごとに原点となる中世のやきものと、現代のやきものが並んでいます。
照明を落とした館内で見るやきものは堂々とした雰囲気に感じます。
IMG_1037.jpg

IMG_1039.jpg

展示されている中世のやきものは、産地は違えどよく似た形のものもあります
やはり他産地から技術が入ってきたりしているからなのでしょうね。

こちらは越前焼の展示スペース
IMG_1072.jpg

いつも陶芸館のメインにドンと鎮座する「双耳壷」はこちらにきています
今回、ちょうど新聞社の記者さんが取材にいらしていて双耳壷について質問されました。

「双耳壷は何につかわれていたのか?」
さて、みなさんは分かりますか?
IMG_1052.jpg

にっしーは分からなかったので、陶芸館の学芸リーダーに聞いてみました

その答えは・・・

壷の使い道としては種壷、穀物保存用の壷、茶壷、特殊なところでは経筒を保管する壷、骨壷など様々です。
この中で茶壷としての使用は越前では桃山時代以降らしいです。
双耳壷は越前焼の最盛期である室町時代のものなので、種壷や穀物保存の壷に使われていたのではないかということです。

双耳壷の特徴である二つの耳。
これは蓋をしっかりと固定するための紐を通すために付けられているため、封をして保存するという用途で使われたのではないかと。

ということで、答えは「種壷・穀物保存壷」でした!

こんな風に改めて越前焼について考えるきっかけをくれた「六古窯の原点と未来」展は12月10日(日)までの開催です。

また今週末の12/2(土)午後1時からは「第14回日本六古窯サミット2017in越前町」が越前陶芸村文化交流会館で開催され、六産地が集まりやきもの産地同士の情報交換がされます。


にっしーも今回の日本六古窯認定をきっかけに今後もっともっとやきものを生かした町づくりが進み、この地域が活性化することを願っています

IMG_1048.jpg
やきものについて語る人々の図



スポンサーサイト
にっしーのてくてく越前陶芸村 | 14:07:37 | コメント(0)
にっしーのてくてく「ミュージアムショップ」
今日の陶芸村はとっても寒い
福井では昨年より20日も早く雪が降りました
「今年は雪が多いのかな~」とスタッフと話しています。

さてさて、今日のにっしーのてくてくは陶芸館の資料館ロビー内にある
ミュージアムショップのご紹介です。
IMG_0972.jpg

資料館入って左手にあるミュージアムショップは県内の越前焼作家さんの作品を取り扱うセレクトショップです。
ここでしか買えない一点物も多く、窯元さんの「これぞ!」という作品が並んでいます。
IMG_0970.jpg

現代の越前焼作家さんの作風は様々。
薪窯で焼いた自然釉の作品もあれば、結晶の美しい鉄釉、個性的な色合いの釉薬まで、本当にいろいろなものが見られます。
古越前というと自然釉のかかった壷や甕を想像しますが、現代の越前焼は福井県内で作られた土ものを総称して越前焼と言っています。
IMG_0974.jpg

多産地ではやきもの屋さんが街道沿いにずらりと並ぶようなところが多いですが、越前ではみなさん県内各地に居を構えていらっしゃるので、「やきもの街」のような場所がありません。
越前焼の作品が見たい!となったら、どこに行けばいいのってよく聞かれます。

そんな時は福井県陶芸館のミュージアムショップが大正解!

なぜって、ミュージアムショップでは約40人の越前焼作家さんの作品を取り揃えているからなんです
県内の越前焼販売店を見ても、これだけの作家が揃う店はまずないです。
しかも、有名な作家さんの作品もしっかりと扱ってますので、ここにくればきっといいものが見つかります

IMG_0993.jpg

IMG_0977.jpg


最近はやきものがお好きなリピーターのお客様が多いです。
ミュージアムショップでは新作もどんどん入ってくるので、毎月お越しになるお客様もいらっしゃいますよ


そして、陶芸館オリジナルのアクセサリーシリーズ「tsuchinoco(つちのこ)」もお土産として人気です
IMG_0995.jpg

ミュージアムショップの素敵なお姉さま
IMG_0983.jpg

自身もやきものが好きで、お客様と楽しい会話でよく盛り上がっています

こちらはお気に入りのお皿
IMG_0988.jpg


やきものがお好きな方は、ぜひ陶芸館のミュージアムショップで越前焼の「今」に触れてみてください
お待ちしています



にっしーのてくてく越前陶芸村 | 14:33:18 | コメント(0)
にっしーのてくてく「特別展 人間国宝 備前焼 『金重陶陽』」
陶芸村の紅葉はもうそろそろおしまいですが、まだまだ魅力的なモノありますよ

今回にっしーがご案内するのは福井県陶芸館で開催されている
秋季特別展「人間国宝 備前焼 金重陶陽」
(12月3日(日)まで)
金重チラシ表-01

陶芸館では「人間国宝シリーズ」として全国のやきもの産地の人間国宝をご紹介しています。
今回は備前焼初の人間国宝 金重陶陽にスポットをあて、島根県安来市加納美術館コレクションより72点を拝借し、金重陶陽の人となりを感じられる作品を展示しています。

では、陶芸館へLet's Go
看板

展示会場は資料館2階です。
入口


金重陶陽展を担当した田中丈敏学芸員に案内してもらいました

田中君

今回の展示は作品の種別ごとに分類されています。
kaijyou

水差し紹介


にっしーがまずビックリしたのは「細工物」の繊細で緻密な作り
このような小さな細かい仕事をしていた方とは知らなかったので新しい発見でした

また備前焼では
「一焼、二土、三作り」と言われ
ちょっとくらい形が悪くても焼きが良ければ良い作品と言われているそうです。

確かに今回の作品は自然釉がどっぷりかかったものもあれば、緋襷がきれいに出ているもの、牡丹餅がいい雰囲気を作っているものなど、備前焼独特の焼きのものが多くありとても見応えがありました

こちらは田中学芸員イチ押しの細工物
麒麟

こちらはにっしーお気に入りの徳利
徳利

水指もどれも素敵です
水差し


越前の地にいながら、金重陶陽の世界にどっぷり浸かれる今回の特別展
とても見応えのある展示内容となっております

「金重陶陽」展は12月3日(日)までの開催です!
開催期間も残りわずか

やきものがお好きな方にも、よく分からないって方にも、ぜひこの機会にご覧いただきたいです
「いいもの」って見ているだけで心がすっきりしますね

陶芸館を出ると、空には長~い飛行機雲が
kumo.jpg

秋の空は変わりやすいけれど、やきものをず~っと作り続けている人たちがいたから、今のにっしーもあるんだなぁと、しみじみ

にっしーのてくてく越前陶芸村 | 14:50:14 | コメント(0)
にっしーのてくてく「陶芸村の紅葉」
今日は朝から気持ちのいい青空

みなさま、越前陶芸村はとってもきれいな紅葉が楽しめるってご存知でした

今日はにっしーがおすすめの紅葉スポットをご紹介します

やっぱりココが一番!と思うのは
福井県陶芸館の中庭「幽石庭」

真っ赤なモミジが池に映ってとてもきれいです
IMG_8616.jpg

こちらは、毎年写真を撮りに来る常連のお客様もいらっしゃる人気スポットです
IMG_8605.jpg

IMG_0693.jpg

カップルが東屋でのんびりされてました
気持ちよさそうですね
IMG_8632_20171110120526c6a.jpg


さて、次は・・・
「茶苑」
丁寧に手入れされた庭は紅葉の時期に訪れるのがベスト
IMG_1805.jpg

IMG_0649.jpg

そして、茶室から眺める紅葉も見事です
紅葉を楽しみながらお抹茶をゆっくりと楽しんでいただけるおすすめスポットです
茶苑では生菓子付きのお抹茶(500円)とお干菓子付きのお抹茶(300円)をお出ししていますので、ほっとしたひと時を過ごしていただけますよ
0096.jpg


公園の中も色とりどりの木々が立ち並びとてもきれいです
IMG_0642.jpg

こちらはにっしーお気に入りのベンチ
IMG_0641.jpg

ポカポカ日向ぼっこしながら紅葉を楽しめます


今年は台風の影響もありだいぶ葉が落ちてしまいましたが、どんどん色付いていく木々を見ていると「秋が来たなぁ」としみじみ思います。
今まさに紅葉の見頃を迎えている越前陶芸村
今週末辺りまでがおすすめの時期ですよ

みなさまのんびり紅葉狩りにいらしてください

にっしーのてくてく越前陶芸村 | 12:26:16 | コメント(0)
にっしーのてくてく「越前古窯博物館」
10月28日に越前陶芸村に新しい施設がオープンしました
「越前古窯博物館」
hIMG_0749.jpg

こちらは越前焼研究の第一人者である水野九右衛門先生の収集された「水野コレクション」を展示する資料館と、本格的な茶室、水野先生の住居を移築した建物で構成されています。

水野九右衛門先生は「先生無くしては今の越前焼はない」と言われている方で、この越前町の地でやきものが焼かれていたことを地道に研究して世に伝えられた方です。
先生は約40年かけて発掘調査・研究を行い、現在の陶芸村周辺の山々に200基以上の古窯が残り、平安時代末期から鎌倉、室町、江戸時代にかけて甕や壷の生産が行なわれていたことを突き止めました。

越前焼にとってとても大切な資料を展示している博物館
ぜひ見てみたい!ということで、早速見学に行ってきました

まずはその美しい外観

白壁と切妻屋根が青空に映えます!
IMG_0573.jpg

資料館は正面向かって右手の建物です
今回は学芸員の一瀬さんにご案内していただきました
hIMG_0797.jpg

種類ごとに時代の変遷が分かりやすく展示されています。
IMG_0802.jpg

こちらのおすすめは平安時代の「三筋壷」
IMG_0800.jpg
越前焼が始まった頃の貴重な資料ですね

またとっても迫力のある大きな甕も展示されています!
hIMG_0780.jpg


そしてこちらには以前福井県陶芸館にいた「たぬき」さんが引っ越してきています。
hIMG_0778.jpg
久しぶりの対面


2Fでは水野先生が収集された陶片の展示や研究に使った部屋の再現があります。
hIMG_0785.jpg


館内をとっても分かりやすい説明でご案内くださった一瀬さん!
ありがとうございました


では、移動して住宅へ
IMG_0565.jpg

中は時間貸しをしている和室が4部屋。
IMG_0541.jpg
古民家を移築しているだけあって、とても趣があります。
ギャラリーのように使っても素敵なのではないかと思います。

古民家ならではの見事な梁
IMG_0539.jpg
立派です

そして、茶室も見学
こちらは「天心堂」
IMG_0741.jpg
越前焼の陶板画敷き詰められた立礼席。
大人数の茶事もできそうですね

またこちらの奥には「天心庵」という4畳半の茶室もあります。
IMG_0571.jpg


建物のつくりもとても美しく細部にまでこだわって作られた茶室はとても見ごたえがありました
ぜひみなさまも越前陶芸村の新たな博物館で越前焼の魅力を再発見してみてください

にっしーのてくてく越前陶芸村 | 15:58:40 | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。