FC2ブログ
 
■プロフィール

fukuikentougeikan

Author:fukuikentougeikan
福井県越前町にある越前焼のふるさと越前陶芸村。
広大な公園は自然がいっぱいで、日ごろの忙しさを忘れてのんびりリフレッシュできる場所です。

自分のリズムで土と会話してみましょう。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

にっしーのてくてく「越前古窯博物館」
10月28日に越前陶芸村に新しい施設がオープンしました
「越前古窯博物館」
hIMG_0749.jpg

こちらは越前焼研究の第一人者である水野九右衛門先生の収集された「水野コレクション」を展示する資料館と、本格的な茶室、水野先生の住居を移築した建物で構成されています。

水野九右衛門先生は「先生無くしては今の越前焼はない」と言われている方で、この越前町の地でやきものが焼かれていたことを地道に研究して世に伝えられた方です。
先生は約40年かけて発掘調査・研究を行い、現在の陶芸村周辺の山々に200基以上の古窯が残り、平安時代末期から鎌倉、室町、江戸時代にかけて甕や壷の生産が行なわれていたことを突き止めました。

越前焼にとってとても大切な資料を展示している博物館
ぜひ見てみたい!ということで、早速見学に行ってきました

まずはその美しい外観

白壁と切妻屋根が青空に映えます!
IMG_0573.jpg

資料館は正面向かって右手の建物です
今回は学芸員の一瀬さんにご案内していただきました
hIMG_0797.jpg

種類ごとに時代の変遷が分かりやすく展示されています。
IMG_0802.jpg

こちらのおすすめは平安時代の「三筋壷」
IMG_0800.jpg
越前焼が始まった頃の貴重な資料ですね

またとっても迫力のある大きな甕も展示されています!
hIMG_0780.jpg


そしてこちらには以前福井県陶芸館にいた「たぬき」さんが引っ越してきています。
hIMG_0778.jpg
久しぶりの対面


2Fでは水野先生が収集された陶片の展示や研究に使った部屋の再現があります。
hIMG_0785.jpg


館内をとっても分かりやすい説明でご案内くださった一瀬さん!
ありがとうございました


では、移動して住宅へ
IMG_0565.jpg

中は時間貸しをしている和室が4部屋。
IMG_0541.jpg
古民家を移築しているだけあって、とても趣があります。
ギャラリーのように使っても素敵なのではないかと思います。

古民家ならではの見事な梁
IMG_0539.jpg
立派です

そして、茶室も見学
こちらは「天心堂」
IMG_0741.jpg
越前焼の陶板画敷き詰められた立礼席。
大人数の茶事もできそうですね

またこちらの奥には「天心庵」という4畳半の茶室もあります。
IMG_0571.jpg


建物のつくりもとても美しく細部にまでこだわって作られた茶室はとても見ごたえがありました
ぜひみなさまも越前陶芸村の新たな博物館で越前焼の魅力を再発見してみてください
スポンサーサイト


にっしーのてくてく越前陶芸村 | 15:58:40 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad