FC2ブログ
 
■プロフィール

fukuikentougeikan

Author:fukuikentougeikan
福井県越前町にある越前焼のふるさと越前陶芸村。
広大な公園は自然がいっぱいで、日ごろの忙しさを忘れてのんびりリフレッシュできる場所です。

自分のリズムで土と会話してみましょう。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

にっしーのてくてく「特別展 人間国宝 備前焼 『金重陶陽』」
陶芸村の紅葉はもうそろそろおしまいですが、まだまだ魅力的なモノありますよ

今回にっしーがご案内するのは福井県陶芸館で開催されている
秋季特別展「人間国宝 備前焼 金重陶陽」
(12月3日(日)まで)
金重チラシ表-01

陶芸館では「人間国宝シリーズ」として全国のやきもの産地の人間国宝をご紹介しています。
今回は備前焼初の人間国宝 金重陶陽にスポットをあて、島根県安来市加納美術館コレクションより72点を拝借し、金重陶陽の人となりを感じられる作品を展示しています。

では、陶芸館へLet's Go
看板

展示会場は資料館2階です。
入口


金重陶陽展を担当した田中丈敏学芸員に案内してもらいました

田中君

今回の展示は作品の種別ごとに分類されています。
kaijyou

水差し紹介


にっしーがまずビックリしたのは「細工物」の繊細で緻密な作り
このような小さな細かい仕事をしていた方とは知らなかったので新しい発見でした

また備前焼では
「一焼、二土、三作り」と言われ
ちょっとくらい形が悪くても焼きが良ければ良い作品と言われているそうです。

確かに今回の作品は自然釉がどっぷりかかったものもあれば、緋襷がきれいに出ているもの、牡丹餅がいい雰囲気を作っているものなど、備前焼独特の焼きのものが多くありとても見応えがありました

こちらは田中学芸員イチ押しの細工物
麒麟

こちらはにっしーお気に入りの徳利
徳利

水指もどれも素敵です
水差し


越前の地にいながら、金重陶陽の世界にどっぷり浸かれる今回の特別展
とても見応えのある展示内容となっております

「金重陶陽」展は12月3日(日)までの開催です!
開催期間も残りわずか

やきものがお好きな方にも、よく分からないって方にも、ぜひこの機会にご覧いただきたいです
「いいもの」って見ているだけで心がすっきりしますね

陶芸館を出ると、空には長~い飛行機雲が
kumo.jpg

秋の空は変わりやすいけれど、やきものをず~っと作り続けている人たちがいたから、今のにっしーもあるんだなぁと、しみじみ
スポンサーサイト


にっしーのてくてく越前陶芸村 | 14:50:14 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する